So-net無料ブログ作成
インドネシア・スマトラ沖地震関連 ブログトップ
前の30件 | -

ジャワ島津波の犠牲者500人超す デマでパニックも(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

インドネシア・ジャワ島沖地震による津波が押し寄せた同島南岸の被災地では、がれきのなかなどから相次いで遺体が見つかるなど、発生から3日目となった19日も犠牲者が増え続けている。国家災害・避難民対策調整本部(本部長・ユスフ副大統領)は同日午後、死者525人、行方不明者273人、負傷者383人にのぼることを明らかにした。また、5万人以上が避難生活を強いられているという。被害が最も大きかった西ジャワ州パガンダランではこの日朝、津波が再び押し寄せるといううわさを聞いた住民がパニック状態となり、高台に向かう道に殺到、大混乱となった。被害に関する情報も交錯しており、19日発表された死者数は、社会省で462人、保健省で458人。また、18日には保健省当局者が外国人犠牲者の中に日本人がいたと述べたことから、日本大使館員らが病院に向かったところ、「誤報」と判明するなど、振り回されている。(asahi.com より)

48時間経過しても、被害統計は拡大するばかりか、デマから避難パニックまで発生している。耐震化といったハード整備も重要だが、防災教育と情報伝達の課題も大きいことに注目したい。


nice!(0) 

ジャワ島の津波死者400人超す (続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

インドネシア・ジャワ島南西部沖で起きた津波の最大の被災地、パガンダランの海岸では19日、インドネシア軍約350人が投入され、前日に引き続き被災者の救出活動が行われた。波形をとどめた砂や泥に覆われた現場では、目を赤く腫らした女性や顔が打撲でふくれあがった男性らが、倒壊家屋の中から家財道具などを運び出していた。主婦のアディさん(30)は「家人の声が昨夜聞こえたんです」と語り、倒壊した自宅の前で廃材を懸命に拾い上げていた。AP通信が同日、インドネシア政府当局者の話として伝えたところでは、津波による死者は463人。(産経Webより)


nice!(0) 

ジャワ津波、死者337人 5万人が避難生活(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

【パンガンダラン(インドネシア)18日共同】インドネシア保健省によると、ジャワ島南岸を17日襲った津波で、18日までに337人の死亡が確認された。なお165人が行方不明で、生存者の捜索が続いている。負傷者は約510人で、約5万2000人が避難生活をしている。外国人ではスウェーデン人1人の死亡が確認され、フランス人1人が行方不明。約300キロにわたる海岸線が津波の被害を受けており、被災地域が広いため、捜索活動は難航している。最大の被災地となった西ジャワ州の景勝地パンガンダランでは同日までに172人の死亡が確認された。(Yahoo! JAPAN より)


nice!(0) 

ジャワ島で強い地震、津波で80人が死亡 不明者多数(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0717/010.html
インドネシア中部ジャワ島南西沖で17日午後3時19分(日本時間同5時19分)、強い地震が発生し、津波が同島南岸を襲った。地元メディアが警察当局や赤十字のまとめとして伝えたところによると、西ジャワ州チアミス県パガンダランや中部ジャワ州チラチャップ県などで80人の死亡が確認された。AP通信によると、行方不明者も70人以上にのぼるとみられ、犠牲者の数はさらに増える恐れがある。

 津波は、200キロに及ぶジャワ島南岸に押し寄せ、最大約3メートルを記録したほか、バリ島やオーストラリア領ココス島まで達した。目撃者によると、サーフィンの名所で知られる観光リゾートのパガンダランには高さ2メートルの津波が押し寄せ、海岸沿いのホテルや商店などが倒壊した。地元警察によると、100人を超える負傷者が病院で手当てを受けている。またパガンダランから30キロ離れた別のサーフィンの名所バトゥカラスでは外国人サーファーら数人の行方が分からなくなっているという。

 5月27日の地震で5700人を超える死者・行方不明者が出たジョクジャカルタ特別州にも津波が押し寄せ、警察当局によると、グヌンキドゥル県で2人が死亡した。

 インドネシア気象地球物理庁(BMG)によると、地震の規模はマグニチュード(M)6.8。震源地はバンドン南方約260キロのインド洋で、震源の深さは33キロと推定される。一方、米地質調査所(USGS)は規模をM7.7と発表、津波警報を発していた。USGSによると、震源地付近でM5以上の余震が8回起きている。

 ジャカルタの日本大使館によると、被災地周辺に在留邦人はいないが、観光客などが巻き込まれていないか、確認を急いでいる。最初の地震で、揺れは約350キロ離れた首都ジャカルタでも感じられた。市民の一部がパニックに陥り、建物から飛び出すなどした。

(asahi.com より)


nice!(0) 

インドネシアでM7.2の地震、津波で死者の情報も(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

ジャカルタ──米地質調査所(USGS)などによると、インドネシア・ジャワ島の南で17日午後3時19分(日本時間同日午後5時19分)すぎ、マグニチュード(M)7.2の地震が発生した。AP通信によると、ジャワ島を襲った津波で、少なくとも5人が死亡した。USGSによると、震源はジャワ島の南で、ジャカルタから南へ約355キロ、オーストラリア・クリスマス島の北東約225キロで、震源の深さは48.6キロ。約1時間後の同日午後4時13分ごろには、ジャカルタの南南東345キロでM6.1、同午後5時9分すぎには、ジャカルタの南南東325キロでM6.0の余震が発生している。最初の地震が発生した直後、ハワイの米太平洋津波警報センターが、インドネシア・ジャワ島やオーストラリア・クリスマス島に、津波警報を発令していた。(CNN/APより)


nice!(0) 

インドネシアで地震 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

発生時刻 2006年7月17日 17時19分ごろ
震源地 インドネシア付近
緯度 南緯9.3度
経度 東経107.3度
深さ ごく浅い
規模 マグニチュード 7.2
(Yahoo! JAPAN より)

NHKのニュース速報では津波による死者の報道もあり


nice!(0)  コメント(0) 

鶏舎を避難所に [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0605/010.htmlより
「先月27日に発生したジャワ地震による最大の被災地・バントゥル県の農村部で、家を失った被災者が養鶏場を避難所にするケースが目立っている。インドネシアでは、ジャワ島を含む広い地域で鳥インフルエンザの感染が多発しており、英国の医療支援NGO(非政府組織)は「養鶏場に残ったふんなどから感染の恐れもある」と注意を呼びかけている」

鳥インフルエンザだけでなく、被災によるケガや食料・睡眠の不足、ストレス増加などから免疫力の落ちた被災者は、鳥インフルエンザだけでなく一般の感染症への危険性も高い。避難所となった鶏舎では集団感染を起こしやすく、清潔な飲料水とともに対策が急がれる。
鳥インフルエンザに限って考えても、養鶏業に従事するといった特殊なケースだけでなく、HIVや糖尿病といった免疫低下を伴う疾病のある患者が被災した場合に、免疫低下が顕著となり、容易に感染することも考えねばならない。
今後は公衆衛生分野の対策にも重点がおかれるべきではないでしょうか。


nice!(0) 

死者数を5800人に下方修正 ジャワ地震 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0605/008.htmlより
「インドネシア政府は5日、ジャワ島中部で発生した地震の死者数を、6234人から5782人に下方修正した。死者を二重に数えたケースなどがあったという。政府は、約4万6000人としていた重軽傷者数も約3万6000人に修正。家屋損壊は5日現在で、全半壊約22万戸、一部損壊約17万5000戸と発表した」
下方修正されたとはいえ被害甚大です。改めて亡くなられた方のご冥福を祈ります。


nice!(0) 

ジャワ地震、死者は6234人 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0531/016.htmlより
「インドネシア社会省は31日、ジャワ島を襲った地震による死者が6234人に達したことを明らかにした」
ある程度予想されたものとはいえ、阪神大震災に匹敵、いや最終的には上回るであろう犠牲にやりきれない思いです。煉瓦造りで鉄筋などの補強のない構造が大きな要因との報道には、昨年12月のエントリーが参考になるかもしれません。再掲となりますが紹介させていただきます。
http://blog.so-net.ne.jp/kanbutsu/2005-12-16
(カシミールの雪解けへ向けて)


nice!(0) 

ジャワ島中部地震募金情報 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

財団法人「日本インドネシア協会」(03・3661・2956)は29日、義援金の募集を始めた。同協会の法人・個人の会員に呼びかけるほか、一般からも募る。郵便振替で口座名義は同協会、口座番号は00130・9・196710。

 日本赤十字社(03・3437・7081)も同日、募金活動を開始。郵便振替で口座名義は「日本赤十字社」、口座番号は00110・2・5606。通信欄に「ジャワ地震」と明記する。

 日本ユニセフ協会(0120・881052)も緊急募金を受け付けている。郵便振替で口座名義は同協会、口座番号は00110・5・79500。振替用紙の通信欄に「ジャワ島」と書く。

 国際医療NGO「AMDA」(086・284・7730)は現地での活動資金を募集中だ。郵便振替で口座名義は「AMDA」、口座番号は01250・2・40709。通信欄に「ジャワ島中部地震」と明記する。


nice!(0) 

ジャワ地震、死者5137人にのぼる [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0529/013.htmlより
ジャワ島中部で27日に発生した地震による死者は29日、インドネシア社会省によると、5137人にのぼった。被災地では日本を含む国際援助チームが活動を始めたが、援助物資が足りない地域もあり、20万人とも言われる被災者の疲労の色は濃くなる一方だ。


nice!(0) 

パプアニューギニアで強い地震、M6・2 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060528i203.htmより
気象庁に入った連絡によると、南太平洋にあるパプアニューギニアのニューブリテン島付近で28日午後1時13分(日本時間午後0時13分)ごろ、マグニチュード6・2の強い地震が発生した。津波の心配はない模様。同庁は、27日朝に発生したインドネシア・ジャワ島中部の地震との関連はないとしている。


nice!(0) 

救助活動が本格化死者5000人の恐れ−ジャワ島地震(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060528-00000029-jij-intより
インドネシアのジャワ島中部を襲った大地震から1夜明けた28日、救助当局は最大の被災地となったジョクジャカルタ特別州を中心に生存者の救出作業を本格化させた。しかし、大量のがれきと人員・機材不足のため、作業は難航することも予想される。社会省によれば、死者は同州や中ジャワ州などで計3098人に達した。がれきの下には依然多数の住民が取り残されているとされ、救助活動が進むにつれて、犠牲者の数はさらに増えるとみられている。当局者は、死者数が最終的には5000人に達する恐れがあるとの見通しを示した。


nice!(0) 

ジャワ島の震度マップ [インドネシア・スマトラ沖地震関連]


米国地質学研究所(USGS) のホームページより
http://earthquake.usgs.gov/eqcenter/recenteqsww/Quakes/usneb6.php#maps

震源付近、建物の8割全壊 支援の用意と国連総長
ジャワ島中部地震で、国連緊急援助調整官室(OCHA)は27日、震源に近い中部ジョクジャカルタの南方に位置し、観光を主産業とするバントゥール地域の「70—80%の建物が全壊した」と明らかにした。病院などの公共施設も含まれているとしている。 アナン国連事務総長はこうした状況を踏まえて同日、災害の評価・調整に当たる部局が支援に乗り出す用意があり、必要に応じて国際的な援助を募る態勢を取っているとの声明を発表した。 OCHAによると、世界遺産の寺院群で知られるプランバナンでは鉄道駅が崩壊、線路も被害を受け、首都ジャカルタからジャワ島東部にある主要都市スラバヤへの鉄道輸送が寸断されている。 ジョクジャカルタでは国際空港が損壊したため、中部スマランなどに振り替え輸送を行っているという。(Yahoo! ニュースより)


nice!(0) 

死者3731人、負傷者は1万人以上に ジャワ島地震(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0527/020.htmlより
「インドネシア・ジャワ島中部で27日発生した地震による死者は、AP通信によると少なくとも3731人にのぼった。英BBCによると1万人以上が負傷しているとみられており、死者数はまだ増える可能性がある。国際赤十字は約20万人が家を失ったとみており、インドネシアのユドヨノ大統領は捜索・救難のため軍の派遣を命じる一方、閣僚らとともに現地入りした」
マグニチュードと震源深さから最終的な被害を予想することが重要だと考え、時系列にニュースの続報をアップしています。刻々と変化する被害状況が災害規模の大きさをあらわしているのではないでしょうか。


nice!(0) 

死者3500人超、20万人が家失う ジャワ島地震(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0527/020.htmlより抜粋
「インドネシア・ジャワ島中部で27日発生した地震による死者は、AP通信によると少なくとも3505人にのぼった。数千人が負傷しており、死者数はまだ増える可能性がある。国際赤十字は約20万人が家を失ったとみており、インドネシアのユドヨノ大統領は捜索・救難のため軍の派遣を命じる一方、閣僚らとともに現地入りした。大地震の被災地、ジョクジャカルタに27日夜、記者は入った。人口約46万の市内のあちこちで家屋が倒壊、停電が続き、信号も消えたままだ。がれきの下の生存者を救い出そうと、車のヘッドライトを頼りに懸命に作業が続いていた。

 市中心部のバテスダ病院には、千人近い死傷者が運び込まれた。同日午後8時(日本時間同10時)までに98人が息を引き取った。 4階建て病院のロビーや待合室にも患者が横たわり、足の踏み場もない。時折、患者の泣き叫ぶ声が廊下に響く。床には血のりがべったりつき、地震で壊れた病院の備品や資材はそのまま放置されている。病院の外にはテントが張られ、軽傷の患者たちが身を横たえていた。倒壊家屋の多くは、ジャワ島に多い瓦ぶきだった。多くの人が余震による倒壊を恐れ、屋外で寝ている。市南部は全体で停電が続き、明かりがないため、たき火でしのいでいる人も多い。

 米地質調査所は地震の規模をマグニチュード(M)6.2から6.3に修正した」


nice!(0) 

AMDAインドネシア・ジャワ島地震緊急救援活動を開始 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

国際医療NGO「AMDA」(本部・岡山市)は救援活動のため現地に職員2人を派遣することを決めた。28日朝に出発し、現地の医師らとチームを組み、治療に当たる。(asahi.com より)
http://www.amda.or.jp/cgi-bin/users/browse.cgi?&check=1&mode=brs#1


nice!(0) 

ジャワ島地震、阪神大震災と同タイプの横ずれ断層型 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0527/013.htmlより抜粋引用

ジャワ島中部で起こった地震は、米地質調査所によると、地下17キロと比較的浅いところで起こった横ずれ断層型で、阪神大震災と同じタイプだ。 ジャワ島沖にはスンダ海溝があり、地球を覆うプレート(岩板)の一つであるインド・オーストラリアプレートが、島の下に向かって沈みこんでいる。スンダ海溝沿いでは、04年や05年のスマトラ島沖地震のようなM8〜9級のプレート境界型の巨大地震が起こる。それより規模の小さい今回の地震は、プレートの沈みこみに伴って地殻を圧縮する力が働き、引き起こされた地殻内の地震とみられる。規模の割に被害が大きくなったのは、「耐震性の低い建物が多いため」と阿部勝征・同研究所教授は話す。92年に1700人以上が死んだインドネシア東部フローレス島の地震後に現地を調べ、強度の不足したれんが積みの建物の被害を見た経験があるためだ。


nice!(0) 

インドネシア地震は被害甚大か [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

 
阪神大震災の時の新聞を時系列に並べたものです。今日のインドネシアからのニュースに接し、どこまで被害が増えるのか余談を許さなくなってきました。


nice!(0) 

ジャワ島中部地震、死者2517人…多数が下敷きに [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

 【ジャカルタ支局】AP通信によると、インドネシア・ジャワ島中部の古都ジョクジャカルタ周辺で27日早朝に発生したマグニチュード(M)6・2の地震について、同国政府当局者は、死者数は計2517人に達したと明らかにした。負傷者は数千人に上る。 なお多数の人が倒壊した建物の下敷きになっており、死傷者の数はさらに増える可能性がある。
(2006年5月27日18時55分 読売新聞ニュースサイトより)


nice!(0) 

余震も続く [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

比較的大きなものとしてM4.5とM4.8の余震がアメリカの地震サイトからわかります。たぶんそれ以外にも小さな余震が断続的に続いていると思われます。充分な電力や照明装置は少ないと思われます。夜になるとレスキューのピッチがさがります。イスラム圏でもあり、現地経験のあるチームであれば活動しやすいのではないでしょうか。


nice!(0) 

インドネシアの新聞サイト [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.jawapos.co.id/
Jawa Pos Online
ジャワ島発行の日刊紙
(JST17:45現在地震報道みられず)

http://www.kompas.com/
KOMPAS CYBER MEDIA
インドネシアを代表する日刊紙のサイト
(地震発生の概要と震源付近の地図が出ている)

被災中心となるジャワ島は情報発信の体制はなかなかできないのだろう。AP経由の海外サイトの方が詳細がわかると思われる。このHP更新に余裕がないことからも被災の大きさがわかるのではないだろうか。阪神では神戸新聞社被災し京都新聞の協力のもと新聞が発行されたことを思いだしながら、現地サイトをチェックしました。

18:35追記 (すみません、英語だと思っていたらインドネシア語でした。英語力がないのがばれました>笑)


nice!(0) 

ジャワ島で大地震 死者1300人超す(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0527/005.htmlは、さらに続報してる。報道からは国際支援が有効なケースと考えるし、日本は早期派遣可能な地理的状況にあると思う。
「インドネシア赤十字が446人の死亡を確認、政府関係者は少なくとも1325人が死亡したとしている。ユドヨノ大統領は捜索・医療支援のため、軍に派遣命令を出した」
「米CNNテレビによると、市内数カ所の病院は、搬送されてきた負傷者であふれている。大学街で人口密集地であることから、犠牲者は増える見込みという。多数の家屋が倒壊、学校などにも被害がでている模様だ。電気と通信が途絶え、津波を恐れる住民らが高台に避難しているとの情報もある。現地への電話はつながりにくくなっている」


nice!(0) 

ジャワ島でM6.2地震 440人以上が死亡(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

「27日午前5時54分(日本時間同7時54分)ごろ、インドネシア・ジャワ島中部で強い地震があり、ジョクジャカルタ市などで多数の建物が倒壊した。AP通信によると、インドネシア赤十字関係者の話として少なくとも443人が死亡、約2800人が負傷した。死傷者数はまだ増える可能性があるという」
http://www.asahi.com/international/update/0527/005より
引用記事では随時、死傷者数が訂正され続けています。人口が集まっていて早朝の地震であることから被害状況の把握が進んできていると考えます。通信手段や救出ルートの少ない孤立集落などの被災についてはこれからだと思います。


nice!(0) 

ジャワ島での地震 300人以上が死亡(続報) [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

http://www.asahi.com/international/update/0527/005.html
より一部抜粋
「目撃者の話として報じたところによると、市内の崩れた2軒の家のがれきの下から3人の遺体が見つかり、同市の空港も被害を受けて閉鎖された。米CNNテレビによると、市内数カ所の病院は、搬送されてきた負傷者であふれている。大学街で人口密集地であることから、犠牲者は増える見込みという。多数の家屋が倒壊、学校などにも被害がでている模様だ。電気と通信が途絶え、津波を恐れる住民らが高台に避難しているとの情報もある。現地への電話はつながりにくくなっている。 日本外務省によると、ジョクジャカルタ特別州には日本人91人が住んでいる。今のところ日本人住民や観光客が被害を受けたとの情報はない。ジョクジャカルタには世界遺産の仏教遺跡ボロブドゥールがあり、日本人観光客も多い。
 またAP通信によると、地震発生直後に同市北方のムラピ山の火山活動が活発化した。政府は4月半ばに「近く噴火の可能性がある」として、警戒レベルを4段階の上から2番目に引き上げ、周辺住民に避難を指示。今月15日には火砕流が発生していた。
 27日早朝、インドネシアのジャワ島中部が強い地震に襲われた。同国にも大きな被害を出したスマトラ沖大地震から1年半。古都ジョクジャカルタは世界遺産のボロブドゥール仏教遺跡があるなど観光客にも人気が高い。現地の日本大使館や大手旅行会社などは観光客ら邦人の安否確認に追われた。 「突然のすごい揺れでびっくりした。大きさもよく分からない」 ジョクジャカルタ市内のホテルに宿泊していた留学生の山崎弓子さん(37)は、その瞬間の様子を語った。部屋の家具が傾き、ホテル周辺は停電に。ラジオはすぐに「海からの水(津波)が来るのでは」との緊急ニュースを伝えた。「窓から外を見ると、通りの向こうで壁が崩れ落ちている。外に人が出ている様子はなく、みんな家の中でじっとしているのだと思う」と話した。市内で旅行会社を営む橋本直子さん(37)は、激しい縦揺れでとび起きた。自宅の屋根瓦が一部落ち、コンクリートの室内の壁から土煙が上がった。市南部の沿岸から出勤してきたスタッフは「津波が来るとのうわさが流れ、人々があわてて避難を始めている」と話した。約30分おきに小さい余震も続いているという」


nice!(0) 

ジャワ島でM6・2の地震、死者100人超す [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

米地質調査所によると、インドネシア・ジャワ島中部の古都ジョクジャカルタ周辺で27日午前6時(日本時間同8時)ごろ、マグニチュード(M)6・2の強い地震が発生した。ロイター通信によると、病院関係者は死者が100人を超えたと述べた。負傷者は数百人に上っている。ジャカルタの日本大使館によると、ジョクジャカルタ特別州には91人の日本人が在留しているが、これまでに被害に遭ったとの情報は入っていない。地元メディアによると、ジャワ島中部の広い範囲で建物の被害が報告され、ソロ市では2つの複合商業施設が倒壊。ジョクジャカルタ空港は管制塔などが破損し閉鎖された。(Yahoo! JAPANより)


nice!(0) 

100$の重み [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

スリランカ国立病院からの研修生のかたに義援金を手渡しました。病院のために役立ててほしい旨で100$を両替してきました。日本での募金もいいけれど、中間の経費や被災地での中間搾取などで、1/3はおろか10%くらいかもしれません。どこの国でもそういうことはあることだしそれをわかったうえで寄付すべきだと考えています。ただ今回は被災地での災害救急の担い手であるスタッフのかたに直接渡せる幸運に恵まれたので、この100$は1000$の価値が出るものと僭越ながら願っています。

我々が阪神大震災で世界各国から救援を受け、10年で一定の復興をなし得たことのお礼になればと思います。人と未来防災センター  http://www.dri.ne.jp/ を事前に見学してこられたそうで、一層気持ちを伝えることができたのではと、ちょっぴり喜んでおります。


nice!(0)  コメント(0) 

コーヒー飲むなら [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

スマトラ沖地震で壊滅的な被害を受けたインドネシアの復興支援として
「スマトラ沖地震復興支援活動」を実施!
UFSが展開する店舗で販売したインドネシア産コーヒーの
売上の一部をインドネシアコーヒー輸出業者組合を通じて被災地に寄付

http://www.ucc.co.jp/news/2005/rel050208f.html
今日の新聞でみつけました。UCCさんは神戸だし、復興支援には積極的ですね。


厳しい現実 「津波報道の裏側で」 [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

「津波報道の裏側で」 http://blog.so-net.ne.jp/kanbutsu/2005-01-12 参照

津波関連の報道も少なくなってきているが、28万人を超える犠牲者がどれほどのものか
考える上で、報道写真家の「不肖・宮嶋」氏のサイトを紹介したい。日本では、ほとんど
報道されない凄惨な現地の映像から改めて、自分の災害イメージの甘さを認識しています。

「不肖・宮嶋」氏のサイト トップ
http://www.fushou-miyajima.com/gekisya/index.html

「やりきれん正月」 プーケットの被災写真
http://www.fushou-miyajima.com/gekisya/tai.html
(注意:気の弱い方はご遠慮ください)

筆舌に尽くしがたいとはこういう状況を表すものかと思う。自分の文章力ではこれらの
写真の持つ力を超えることはとうてい出来ないことを悟りました。


津波報道の裏側で [インドネシア・スマトラ沖地震関連]

カメラマンの友人から写真が届いた。マレーシアのカメラマンから現地被災写真を
送っていただいたとのこと。災害や救急の現場は仕事がら、慣れていたつもりだが、
圧倒的な数の遺体におののいてしまう。収容作業が進まぬために、その痛んでゆく
凄惨な肉体からは鑑定に耐えうるDNA標本が採取できないほどだと思えてきます。
阪神でも、新潟でも、マスコミのカメラの裏側をつぶさに見てきたつもりで今回の
津波報道に接してきたつもりだったが、自分の想像を絶する被害だと再認識できた
次第です。災害イメージの構築が必要だと説いていた自分の認識の甘さに愕然です。
津波の被災写真で、17日をまえに誓い新たにさせていただきました。Yさん感謝!


前の30件 | - インドネシア・スマトラ沖地震関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。