So-net無料ブログ作成
中越地震発生時系列分析 ブログトップ

中越地震の余震6年1000回、やっと鎮静化 [中越地震発生時系列分析]

2004年10月23日に発生し、最大震度7を記録した新潟県中越地震について、余震とみられる有感地震(震度1以上)が今年6月以降は観測されなくなり、ようやく沈静化していることがわかった。
 中越地震は余震が多いのが特徴で、本震から2日間の有感地震は約400回と、戦後の内陸地震では最多。震度6弱以上の余震も、発生4日後の10月27日までに計4回起きている。
以下:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101120-OYT1T00997.htm

 阪神大震災の時、瓦礫を化した街に入って復興は10年はかかると最初に思いました。でも避難所に入って子供たちが成人するまではフォローが必要だと感じました。復興住宅での孤独死、2重ローンの返済、震災起因の障害と後遺症、心のケア・・・余震が収まっても被災した皆さんの「余震」はまだ続いているのではないでしょうか。
nice!(0)  トラックバック(0) 

中越地震発生時系列記録 #1 [中越地震発生時系列分析]

地震発生時にPCを繋いでおり、自分のHPに発生時から速報しながら、その瞬間瞬間で
考えたこと、伝えなければならないことなどをアップし続けました。当時の自分の記録が
防災の初動に重要な「災害イメージ」の把握の参考になればと考えます。分刻みの変化に
何を考え、想像し、判断したか。プライオリティを組み替えながら対策をとるには不十分
な状況で得られた断片的な情報から災害の全体像をいかに早くイメージしたかで、結果は
大きく違ってきます。阪神大震災での経験から、何を考え初動に努めたかを記録しておき
たいと考えます。

大手のマスコミですら、災害イメージの全体像はゆっくりとしてしか把握できていません。
ましてや、被災中心は情報はブラックアウト、自分の目の前にある危機だけだったのです。


写真はボランティアで訪れた十日町市役所 
詳細は中越地震発生時系列分析#2-#7を参照してください


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中越地震発生時系列記録 #7 [中越地震発生時系列分析]

1213 教訓は生かされないのか 2004.10.24
    避難所からの中継を見ていて悲しくなってきた。阪神で辛い思いをした教訓が生かされず
    同じ事の繰り返しとなりつつある。「水がないんです。トイレが凄い事になってます!」
    わかっていることなのに。それも、皆が一番苦労したことなのに。ロジスティクスだけは
    改善しても、それを生かす、いや伝えるすべがないことが問題かもしれないと・・嗚呼。

    写真は救援にはいった病院のなかで一番綺麗だったトイレのドアです。なぜ使用禁止に
    なっているかは、リンクを開いてくださればわかります。だだし、食事前は止めた方が
    いいです。鍵がかかるトイレだから、この状態で使用禁止にできました。他は床まで、
    汚物があふれかえります。人間は自然の欲求は制御できません。ハンデを背負った方々
    は、固形物の配給を辞退してまで、排泄を自ら押さえていました。あの時の臭いだけは
    自分の記憶の奥底にこびりついて離れることはないでしょう。下水のマンホールの蓋を
    開け、板を渡して、目隠しの板かシートで囲えばいいいのです。ちょっとしたノウハウ
    があれば、状況を劇的に改善できます。TVカメラの視野の隅っこに真実が隠れてます。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/koto-san/haha/WC02.jpg(食事中はご遠慮ください)

1215 救援物資 2004.10.26
    病院はその重要性から救援物資は重点的に送られていた。収納する場所がないので
    そこらへんに野積みされています。毛布を被っているのは、「水」です。保温等の
    理由でなく、盗難防止のためです。TVのインタビューの中で皆が訴えているのが
    トイレと水です。報道では、善人ばかりで、みんなで堪え忍ぶイメージが定着して
    いますが、そうとは限りません。TV画面の向こう側にはいろいろな事情が隠れて
    いるわけです。もう10回を超える震災対策の講演では、ここには書けないような
    裏話も交えて当時の様子を「正確」に伝えてきたつもりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中越地震発生時系列記録 #6 [中越地震発生時系列分析]

1212 Hospitals serious damage 2004.10.24 01:00
    (海外からのアクセスは期待できないが、自動翻訳かけました)
    It turned out on the 24th by the investigation of Niigata Prefecture
     that at least 50 medical-related institutions, such as a hospital,
    a welfare institution for the aged, etc. within the prefecture,
    suffered damage, such as destruction of a building, and a power
    failure, suspension of water supply, and have interfered with business
    medical practice and every day in the Niigata earthquake.
    treating an emergency patient in an outdoor parking there was also
    an institution which put the inpatient to sleep to the floor of
    a passage to pile.
    Also the case where the elevator required for elderly people or
    a physically handicapped person stopped moving. Each institution is
     busy also with the correspondence to the people injured in an
    earthquake, and early support and restoration have become pressing
    need.
    
1211 サバイバビリティ 2004.10.24
   被災地映像で電池切れの携帯が悲しかった。停電下で連続送信したらあっという間だろう。
   平常時ならコンビニで電池キットを買えばいいが、この状況では、それは無理な話である。
   乾物屋は手回し発電の充電キットを用意している。ひとつは発電しながらライトも点灯可。
   鈴鹿サーキットの売店で仕入れた逸品。赤矢印がライトと充電ランプを示している。小型
   でいいのだが、長時間には腕がしんどい。もうひとつの長い方が持ちやすく、ロングラン
   可能。2ストップ作戦用?グリップには電池を収納でき、回さなくても充電できるのです。
   それ以外に、ソーラーバッテリーキット。アマチュア無線機(もちライセンスもあります)
   人工呼吸器はおまけですが・・・・・光ファイバーもNTTではなく電力系にわざとして
   おり、携帯キャリアーも2社と契約。バックアップを2重にして備えているのだが自分の
   エンジンと、かみさんだけはバックアップが効かないのが、心配のねたなんだけどなぁ〜

*補記:発電キットに加え、建物閉じこめ対策にホイッスルを詰め合わせ、被災医療機関へ
    送らせていただきました。自分にとっての「義援金」と考えています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中越地震発生時系列記録 #5 [中越地震発生時系列分析]

1209 搬送先病院と収容数 2004.10.24 01:00
    24日午前1時現在
    【長岡市】長岡中央綜合100▽長岡赤十字95▽立川綜合50▽長岡西20▽吉田2
    【十日町市】県立十日町50以上▽中条4
    【小千谷市】魚沼約50
    【見附市】市立成人病センター41
    【柏崎市】刈羽郡総合40
    【栃尾市】栃尾郷16
    【三条市】富永草野10
    【燕市】燕労災5
    【加茂市】県立加茂1
    【小出町】県立小出45
    【堀之内町】町立堀之内約20
    【大和町】町立ゆきぐに大和総合4
    【六日町】斎藤記念4
    【津南町】町立津南4
    【松代町】県立松代3
    【亀田町】亀田第一2
    【妙高高原町】県立妙高1
    【中里村】上村4

1210 夜明けとともに、そして、翌日からも・・・・・ 2004.10.23
    被災中心の灘・東灘・芦屋・西宮からはすぐには情報はあがらなかった。
    ヘリは長田の火災を中心に空撮している。乾物屋の自宅からも立ち上る
    黒煙がはっきりわかるほどだった。がれきに埋まり機能麻痺した阪神間。
    残念ながら被害状況の詳細が把握されたのは、ずっと遅れてからだった。
    情報が最大集積されたはずの大新聞の紙面の変化が全てを物語っている。
    
    昨日の発生直後から「大げさな」書き込みを続けてきたが、10年前の
    現場を知るものの務めと考えている。深刻な情報ほど遅れて出てくる!
    だからこそ、しっかりした災害イメージで被害を予想し、初動に努める。
    
       しばしの間、レースと防災の混在をご容赦ください 乾物屋より


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中越地震発生時系列記録 #4 [中越地震発生時系列分析]

1207 21時現在の医療機関の状況 2004.10.23 2030
    立川総合病院  30人(529床)
    長岡西病院   50人(529床)
    県立十日町病院 50人(275床)
    長岡中央病院  60人(529床)
    長岡赤十字病院 15人(748床)
    JA魚沼病院   40人(131床)
    ベッド数が大体の救急処理能力に比例します。不均等な受け入れ
    状況がすでに発生していますし、報道によれば、患者は増加中。
    赤十字病院は3次救急ですから、重症だけなら目一杯でしょう。
    軽症も押しかけているなら、振り分けてあげたいです。このほか
    小規模病院にも10名前後は運ばれていますが、重症は後方での
    規模の大きな病院で受け持たないともちません。後方搬送は破綻
    しているはずですから、ふるいわけのシステムが機能している
    ことを祈りたいです。

1206 被災者続々と 2004.10.23 2030
    各被災地の病院へ患者が殺到しているようです。
    通常の急患対応では対処できない数の負傷者が
    運ばれてきているようです。備蓄医薬品の節約
    もご考慮ください。

1205 トリアージが必要かも 2004.10.23 1930
    ニュースに名前が出ている被災地の病院はベッド数130。
    そこに二十数名の急患が同時に運ばれたら処置できない
    だろうと思います。近隣のメディカルスタッフの参集を望みます。
    あぁ、電気は大丈夫か、水は確保できているのか、それより
    スタッフ自身の被災はないのか。家族は大丈夫なのか。
    土曜のあの時間帯は、最低限のスタッフしか、院内にはいないはず。
    がんばれ、当直のみんな!
    
    上越新幹線で脱線とのことなので、在来線や国道は絶望的だし、
    もう、オフロードバイクでの救援が必要な事態かもしれないです。
    あとは空路しか残されていない。当初の48時間こそが分かれ目
    なんだけど・・・・・
    
    自身のエンジンが元気でオフロードバイクがあればポケットGPS
    たよりに現地に向かいたい気持ちの乾物屋です。

1204 災害用伝言ダイヤルの運用が開始されています 2004.10.23 1900
    震度6弱以上の地震発生時、及び地震・噴火等の発生により、
    被災地へ向かう安否確認のための通話等が増加し、被災地へ
    向けての通話がつながりにくい状況(ふくそう)になった
    場合、NTT側で速やかに利用可能とします。

http://www.ntt-east.co.jp/voiceml/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中越地震発生時系列記録 #3 [中越地震発生時系列分析]

1202 地震情報のまとめ 2004.10.23 19:00    18:57 M5.1 5+
    18:36 M5.0 5-
    18:34 M6.3 6+
    18:28 M4.4 4
    18:12 M5.9 6+
    18:03 M6.2 5+
    17:56 M6.8 6+
    
    震源がごく浅くから10kmとばらつきがあり、震度とマグニチュードは
    比例しませんので、ご注意ください。

*追記:速報のテロップは蓄積されず、全体像の把握には向きません。時系列で整理して
    表示するのは初動対策には非常に重要と考えました。地形図にプロットして
    画像で即時アップできればよかったのですが、一人では無理でした。一番早く
    情報をアップできるのは、自分のスキルの範囲では掲示板のカキコでした。

1201 いま流れている情報は・・・・ 2004.10.23 18:56
    通信インフラが生きている地域からの被害報告だけだと思います。
    ほんとに深刻な地域からは、情報は発信できません。われわれは
    しっかりした災害イメージのもとで、被害を想定して、救援を
    せねばなりません。
    
    おっと、JRからの情報では上越新幹線の脱線はケガ人はいない
    らしいとのことで、ほっとしました。脱線して転覆という事態
    になったら、それだけで、被災地の救急機能はマヒします!
    
    18:12 また震度6です。

*追記:災害医療ではトリアージが必要ですが、重体になるほど「痛い」「助けて」の
    声は出なくなります。被災地も同じで、被災中心の周辺の電話が繋がるような
    地域からの断片的な情報をもとにメディアが速報します。情報の出ない(声の
    出せない)地域を想像すべき時間帯です。

1204 災害用伝言ダイヤルの運用が開始されています 2004.10.23 1900
    震度6弱以上の地震発生時、及び地震・噴火等の発生により、
    被災地へ向かう安否確認のための通話等が増加し、被災地へ
    向けての通話がつながりにくい状況(ふくそう)になった
    場合、NTT側で速やかに利用可能とします。

http://www.ntt-east.co.jp/voiceml/

1203 安否情報は 2004.10.23 1900
    NHK教育とラジオで、放送を始めました。

*追記:阪神では被災地で初期に受信できたTVは皆無です。ラジオだけが有効でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

中越地震発生時系列記録 #2 [中越地震発生時系列分析]

198 新潟で大規模地震発生 2004.10.23 17:56
    M6.8 深さ20km 震度6強が記録されています。
    すでに夜間になっており視界が効かず、官公庁も休日の
    体制なので、被害把握には、時間がかかるでしょう。
    深刻なほど、情報が遅れて出てきます。今後の情報に
    注意するとともに、被害想定をしっかりしていきたいと
    考えます。電話は輻輳が必須ですから、被災地の皆様で
    安否情報を自ら発信できる方は、県外への掲示板などに
    カキコしていただければ、ありがたいです。

*補記:大阪での揺れ感知と同時に早期地震情報システムで震源と深さをチェックして
    マグニチュードと浅い震源から甚大被害を予想しています。ただ新潟の土地勘
    がなく、震源の上の建物や人口分布はわからずだったのが、残念です。

199 NHK新潟放送局、大きく揺れています。 2004.10.23 18:34
    でも、まだアナウンスを続けられているようです。
    浅いようで、また震度6を記録しています。
    阪神のときは、アナウンサーさん絶句でした。
    やっぱり、深さ10kmです。テロップでました。

*補記:連続する大きな余震に阪神大震災とは違うと考え、単発の情報発信だけでなく
    継続的な速報の必要性を認識した時間帯です。

200 すでに震度6が3回発生しています 2004.10.23 18:36
    上越新幹線が脱線しているとのことです。高速鉄道だけに心配です。

*補記:鉄道・バス・航空機の事故では、同時に大量の死傷者が発生しますので、地震で
    なくとも医療機関はパンクします。ましてや、スタッフが被災し、機能麻痺した
    現地医療機関では対処できません。続報で新幹線の死傷者が報道されたら、手当
    たり次第に応援要請の電話をするつもりでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
中越地震発生時系列分析 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。