So-net無料ブログ作成
検索選択
阪神大震災・仮設住宅 ブログトップ

仮設住宅の同窓会 [阪神大震災・仮設住宅]

10月3日、神戸市でポートアイランド第3仮設住宅の住民同窓会が神戸で行われた。
20101004061518.jpg

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

めくれた天井の裏は [阪神大震災・仮設住宅]

たっぷり結露を吸い込んだ天井は乾燥するとめくれ返るのですが、
その裏には断熱材が薄手のビニールに包まれたまま、敷き詰め
られている・・・というより、単に置いてあるだけでした。これがまた
水分を吸い込んでいる始末でした。ここ姫路の仮設住宅だけかも
しれませんが、新潟阪神の倍の断熱材を強調していましたから
たくさん入っているのかもしれません。

いずれにせよ、雪が溶けたらいろいろメンテナンスが必要かと思って
います。まとまってボランティア休暇などが制度であれば、喜んで
工具持参でかけつけるんだけどなぁ〜


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

めくれ返る天井 [阪神大震災・仮設住宅]

水滴は窓だけでなく、壁も押し入れの中もびっしりと発生します。
天井も屋根裏で結露したり雨漏りがたまり、水分を吸った
天井板が反り返り、隙間が開いています。

西日本のどちらかと言うと温暖な場所の仮設でさえ、これだけの
結露変化ですから、新潟の現状は推して知るべし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

結露 水滴取り [阪神大震災・仮設住宅]


仮設住宅で使っていたものですが、復興住宅へ引っ越しした際に
「返して」いただき、自宅で使っています。西日本の冬季でも
仮設の結露は一般住宅の比ではありませんでした。いたるところで
錆は浮くし、2回の越冬で、ぼろぼろになりました。錆だけでなく
湿気を吸って天井板がめくれあがり、屋根裏が四隅で見えていました。

中越での結露は阪神の仮設とは比べものにならないと思います。
春になって床下をふくめ、しっかりしたメンテナンスが必要かと
思います。     「元気出していこうー!新潟
http://www.pref.niigata.jp/content/jishin/jishin_1.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仮設でのひなまつり [阪神大震災・仮設住宅]

保育所で息子たちが作ったひな人形を持って姫路の仮設住宅を訪問した時の写真です。
         
                    96年のひなまつり

越年どころか複数のひな祭りに、結局、仮設の歳時記となってしまいました。新潟・中越は
何年かかって仮設解消されてゆくのでしょうか。雪が溶けてみないと、めどもたたないかも。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050303k0000e040030000c.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

玄関のない家 [阪神大震災・仮設住宅]

玄関だけでなくドアもありません。ブロックの上に履き物が並ぶ光景は異様でした。
もうすぐ雪が積もる新潟はどうなるんでしょうか。出入りのため引き戸を開けたら
すぐに部屋です。積もった雪が、ドカッと室内へ?もし、雪囲いなどを設置したら、
出入りができなくなります。雪国の皆さんが発注したのだから、何かしらの方策が
あるのだと信じています。もしないのなら、1泊してみてください。色々なことが
見えてきますよ。彼らといっしょに晩飯喰って、酒を勧めて貰えたら、本物です!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

おばあさんは川へ洗濯に [阪神大震災・仮設住宅]

仮設は狭いので、洗濯機はみなさん外の通路に設置しています。
Sさんは、一人で住んでいるので、屋内に設置されていましたが、洗濯機パンがない
ので、台所に設置して、使用のたびに外壁に引いた排水パイプにホースを差してます。
外の道路で洗濯するのも、台所に洗濯機があるのも、不思議な光景でした。さすがに
冷蔵庫まで外に出してあったご近所さんには、驚きました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

床の下は・・・・・ [阪神大震災・仮設住宅]

突貫工事で基礎の水平はとれていません。杭の頭は不揃いで、隙間だらけ。だから上の床は
歩くと軋みます。それだけではなくて、水平方向にもずれています。傾きのひどい場所では
ボールが勝手に転がりました。レベル出しは無理でしたので、床下に潜って、隙間のひどい
ところに、スペーサーを差し込んだりしました。新潟では関西人の想像を遙かに超える程の
雪の重みに耐えねばなりません。しっかりした基礎は大事でしょうね。毎回いろいろ文句を
書いていますが、施行にあたっては、とりあえず組み上げてくれれば・・・・・・といった
状況であったとのことです。そうでなければ、あれだけの被災者を早期に収容する事は困難
だったと思います。だからこそ、あとのメンテナンスが重要となったはずなんです・・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

仮設やもん [阪神大震災・仮設住宅]

新潟では急ピッチで仮設住宅の建設が進んでいるところだと思います。どんな仮設ができるのか
興味があります。阪神と同じタイプでは、雪に耐えられません。車でも寒冷地仕様があるように
特別な仕様が必要です。今日はそう言うことではなく、仕様通りに建てられているのかを見極め
てほしいのです。突貫工事で数を間に合わせた結果、写真のように隙間だらけでした。それだけ
でなく、直角と水平がどこにもありませんでした。発砲ウレタンを詰めたり、隙間テープ
貼ったりといったメンテナンスを訪問のたびに繰り返していました。ひどい状態だと言ったら
「仮設やもん、しゃ〜ないわ。ここにおられるだけでもましや」とSさんは、口癖でした。
しっかりした基礎の上に仕様通りとなると、雪が降るまでには「たぶん」間に合いません。
仮設ができてからの、しっかりしたフォローを望みたいと思います。


お手伝いしていた小学生の息子も今は高校生です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
阪神大震災・仮設住宅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。