So-net無料ブログ作成

【チリ大地震】「備えあれば…」 ハイチに比べ被害が少ないわけ [チリ地震]

耐震基準と防災教育!やっぱりハードとソフトの両方が大切なんだ!

ーーーチリの大地震による死者は28日も増え続けているものの、1月に中米ハイチで起きた大地震の際のような急激な増加は今のところみられない。緊急対応に追われつつも、チリ国家非常事態庁幹部は「(ハイチのような)想定をはるかに超える死者の増加はないだろう」と予測する。世界有数の地震国として積み重ねてきた対策が効果を発揮しているといえそうだ。ーーー
ーーー環太平洋火山帯に位置する世界有数の地震国で、かつて1960年のチリ地震でM9・5と、世界の観測史上最大の揺れを経験したチリでは、厳格な耐震基準が定められている。防災教育も徹底しており、米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは「外出の際にはいちいちガスの元栓を閉めるなど、他の国ではやりすぎと思われるような防災対策がチリでは当たり前」と指摘する。ーーー
以下:http://sankei.jp.msn.com/world/america/100228/amr1002281750011-n1.htm
nice!(0)  トラックバック(0) 

チリの建築の安全基準は [チリ地震]

ーーー米地質調査所(USGS)では、地震の規模に対して犠牲者の数が比較的少ないのは、チリの建築の安全基準がしっかりしているためとみている。また現地の救急隊員は、今後同地震の死者数が大幅に増える可能性は低いとの見方を示した。ーーー
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-14099420100227より
しっかりした耐震基準が減災につながっているのでしょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

【大津波警報】AMDAがチリに医師派遣 [チリ地震]

 国際医療援助団体「AMDA」(本部・岡山市)は28日、チリ大地震の被災者支援のため、日本から医師と調整員を派遣すると発表した。2人はまず、AMDAの支部がある隣国のボリビアに入国。現地の医師と合流し被災地に入る。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100228/dst1002281958053-n1.htmより

民間に先を越されていいのだろうか・・・・・
nice!(0)  トラックバック(0) 

「15階建てビルが倒壊」 チリ地震、次々に負傷者搬送 [チリ地震]

「15階建てのビルが完全に倒壊した」。チリで27日未明に起きたマグニチュード(M)8.8の地震で、震源に最も近い都市、中部コンセプシオンからリポーターが興奮して伝えた。暗闇の中、救急車のサイレンが響き、通りに避難した人々は不安そうな面持ちで肩を寄せ合った。担架でけが人が次々と運ばれ、報じられる死者数は夜明けとともに刻々と増えた。
以下:http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100228ATDG2703727022010.html
大津波警報でチリ現地報道が少なくなっているが、現地では被害状況がだんだんと明らかになっているはず。週明けの月曜からは一気に報道される犠牲者の数が増えると思われます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

後から大きな波、50年前津波と同傾向…気象庁 [チリ地震]

気象庁の関田康雄地震津波監視課長は28日午後4時50分から、同庁で記者会見を開き、今回のチリ沖地震に伴う津波について、「最初に小さい津波が到達した後に大きな津波が到達しており、50年前のチリ地震津波と同様の傾向が見られる」として、全国で142人の死者・行方不明者を出した1960年のチリ地震による津波と傾向が似ていることを指摘した。
以下:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100228-OYT1T00685.htm
nice!(0)  トラックバック(0) 

宮城県新志津川漁港で130センチの津波 [チリ地震]

午後3時44分に宮城県新志津川漁港で130センチの津波を観測


nice!(1)  トラックバック(0) 

津波の予想図 [チリ地震]

米海洋大気局(National Oceanic and Atmospheric Administration、NOAA)が公開したチリで起きたマグニチュード(M)8.8の地震による津波の予想図
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2703362/5416883

nice!(0)  トラックバック(0) 

大津波警報発令! [チリ地震]

TV画面が自動で切り替わりました。 ツバルは大丈夫なのか!
nice!(1)  トラックバック(0) 

津波警報発表時のテレビ・ラジオにおける報道体制 [防災訓練など]

 NHKでは津波警報の発表と同時に、緊急警報放送を実施。国際放送NHKワールドを含む全波で、津波関連のニュース速報、報道番組に切り替わる。また、その際に、テレビでは在留外国人向けに、副音声(教育テレビ、NHKワールド・プレミアムを除く)及びラジオ第二放送で英語、中国語、朝鮮語、ポルトガル語(英語以外は2007年12月から)による津波報道放送をしている旨、逆U字画面にしたスペース上に字幕スーパーが入る。なお、画面右下角に発表域を、該当地中心の日本地図の海岸を黄色(注意報)ないし赤色(警報)・赤・白色(大津波警報)で点滅で示し、警報・注意報発表の旨を伝える。
  民放各局でも、津波警報、津波注意報が発表した際には、画面の角に発表域を、該当地中心の日本地図の海岸を黄色(注意報)ないし赤色(警報)赤・白色(大津波警報)で示し、警報・注意報発表の旨を伝える。先頭レイヤーで放送されるため、本放送の字幕などがこの表示に重なり隠される。この地図表示は、特に津波警報発表時はCM中も消されることなく表示される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E6%B3%A2%E8%AD%A6%E5%A0%B1より
nice!(0)  トラックバック(0) 

大津波警報と津波警報の発表の準備中 [チリ地震]

公表データの精査ができたら17年ぶりに大津波警報が発表されるとのことです。


【参考】 津波警報の種類

津波 警報
* 高いところで2m程度の津波が予測される場合に発表
o 発表される津波の高さ - 1m、2m

大津波 警報
* 高いところで3m以上の津波が予測される場合に発表
o 発表される津波の高さ - 3m、4m、6m、8m、10m以上

nice!(0)  トラックバック(0) 

1960年チリ地震M9・5と同じ「海溝型」 [チリ地震]

 今回のチリ大地震は、海のプレート(板状の巨大な岩盤)が、南米大陸のプレートの下に沈み込むプレート境界で発生した。 観測史上最大の地震とされる1960年5月のチリ地震(M9・5)と同じ「海溝型」の地震で震源も近い。
以下:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100227-OYT1T01174.htm
nice!(1)  トラックバック(0) 

チリ大地震 214人の死亡確認  [チリ地震]

死者が200名を超えてしまいました。

nice!(0)  トラックバック(0) 

チリ大地震 122人の死亡確認 [チリ地震]

死者100名を超えています。

nice!(0)  トラックバック(0) 

チリ大地震 85人の死亡確認 [チリ地震]

チリ国営テレビは、少なくとも85人が死亡したと報じており、被害はさらに拡大する恐れがある。
チリ中部のタルカウアノでは2・3メートルの津波を観測。沖合約600キロ・メートルのフアン・フェルナンデス諸島では、津波による深刻な被害が出ているとの情報もある。震源に近い同国第2の都市コンセプシオンでは電話が不通になっており、かなりの被害が出ている模様だ。サンティアゴでは、複数の建物が倒壊し、避難した人々が一時は路上にあふれたという。サンティアゴ国際空港は閉鎖された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100227-OYT1T00704.htm
nice!(0)  トラックバック(0) 

チリ巨大地震、エネルギーは阪神大震災の300倍 [チリ地震]

今回のチリ地震(M8・8)は、最近10年間でみると、2004年12月に発生したインドネシア・スマトラ島沖地震(M9)に次ぐ大きな地震だ。気象庁が算出したマグニチュードは8・6で、阪神大震災と比べて、地震の出すエネルギーは300倍以上に相当する。
以下;http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100227-OYT1T01166.htm
nice!(0)  トラックバック(0) 

太平洋全域に津波警報、ハワイで4・8mの恐れ [チリ地震]

 チリを襲った巨大地震で、ハワイの太平洋津波警報センターは日本時間27日午後8時47分、日本を含む太平洋のほぼ全域に津波警報を発令。
 ロイター通信によると、同センターは「ハワイの津波は高さ16フィート(約4・8メートル)に達する恐れがある」と予測している。
nice!(0)  トラックバック(0) 

南米チリでM8.8の地震、死者増加 ビル倒壊など被害甚大か  [チリ地震]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000009-cnn-intより
 米地質調査所(USGS)は27日、南米チリで現地時間の同日午前3時34分(日本時間同午後3時34分)ごろ、マグニチュード(M)8.3 の地震があったと報告した。その後、M8.8と上方修正した。チリ政府当局者は少なくとも52人が死亡したと述べた。バチェレ大統領は、就寝時間帯での発生などを踏まえ、死傷者が増える恐れがあるともし、非常事態に相当する災害宣言を出した。甚大な被害が出ている可能性がある。

震源は、同国中部コンセプシオン市から北北東へ約115キロの太平洋沖合で、震源の深さは約35キロ。M6.2、5.4、6.9などの余震が20波以上続いた。コンセプシオンは首都サンティアゴから南西へ約341キロ離れている。同市はチリ第2の都市で人口は約20万人。地震の揺れはアルゼンチンの一部でも観測された。同国の首都ブエノスアイレスではビルから住民が避難する騒ぎも起きた。

チリ内の詳しい物的被害の詳細は不明だが、サンティアゴでビルが倒壊したとの情報がある。市内にある駐車場では天井部分が崩落、車両約50台に被害が出た。サンティアゴのホテル滞在客は、揺れで窓ガラスが割れたと報告している。ビル本体に損傷はなかった。サンティアゴ、コンセプシオンなどで停電が発生した。首都では水道、電話網にも支障が出ている。

ハワイにある太平洋津波警戒センターがチリとペルーを対象に津波警報を発令した。その後、解除されたとの情報もある。注意報もエクアドル、コロンビア、パナマやコスタリカなど対象に出された。同センターは震源に近いチリ沿岸部で最大で約2.7メートルの津波を観測したとも報告した。多数の太平洋沿岸諸国で津波が発生する恐れもある。

USGSによると、チリでは1960年5月、M9.5の地震が発生、1655人が死亡している。カリブ海ハイチでは今年の1月12日、M7.0の地震が発生、20万人前後の犠牲者が出たとされる。
nice!(0)  トラックバック(0) 

チリ大地震 64人の死亡確認 [チリ地震]

時間経過とともに増える死者。相当な数になると思われます。

nice!(0)  トラックバック(0) 

6人の死亡を確認 チリ大地震 [チリ地震]

だんだんと被害が判明してきます。
震度分布と人口分布のデータが揃えば、だいたいの状況がつかめるのではないでしょうか。

nice!(0)  トラックバック(0) 

Terremoto de 8,3 graus atinge o Chile [チリ地震]

http://br.noticias.yahoo.com/s/27022010/40/mundo-terremoto-8-3-graus-atinge.html
Santiago do Chile, 27 fev (EFE).- Um terremoto de 8,3 graus na escala Richter, com epicentro no mar, atingiu hoje a região central do Chile, a cerca de 300 quilômetros a sul de Santiago, segundo os últimos dados do Instituto Geológico dos Estados Unidos (USGS).
PUBLICIDADE

O terremoto, que aconteceu às 03h34 pelo horário de Brasília, teve um minuto de duração e foi sentido na capital. A cidade ficou às escuras, e muitas pessoas saíram às ruas, segundo colaboradores da agência Efe.

O tremor teve epicentro no mar, a 59,4 quilômetros de profundidade, na região de Maule, no centro do país, distante 99 quilômetros da cidade de Talca e 117 de Concepción.

Por enquanto ainda não há informações sobre vítimas e a gravidade dos danos materiais. Além da capital, algumas outras regiões do país, como a de Valparaíso, estão sem luz e os contatos telefônicos são limitados. EFE

チリ地震.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

南米チリでM8・5 国際救援チームを! [チリ地震]

300km離れた首都サンチアゴで大規模な停電が起きていることから、震源地近くの街や村落では甚大な被害が予想されます。通信も確保できないでしょうから、悲惨な状況は遅れて出てきます。無駄になっても各国の救援チームの出発準備を期待します。

nice!(0)  トラックバック(0) 

地震情報第1号 気象庁 南米M8.5の地震 [チリ地震]

地震情報(震源・震度に関する情報)
平成22年2月27日16時0分 気象庁発表
きょう27日15時34分ころ地震がありました。
震源地は、南米西部(南緯36.1度、西経72.6度)で、震源の深さは
約60km、地震の規模(マグニチュード)は8.5と推定されます。
日本への津波の有無については現在調査中です。
詳しい震源の位置はチリ中部沿岸です。
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
PTWCでは27日15時46分に津波情報を発表しています。
一般的に、この規模の地震が海域の浅い領域で発生すると津波が発生するこ
とがあります。
情報第1号
nice!(0)  トラックバック(0) 

チリの地震、太平洋で津波の可能性…気象庁 [チリ地震]

 南米チリで発生したマグニチュード8・5の強い地震で、気象庁は27日、太平洋の広い地域で津波が発生する可能性があると発表した。 日本への津波の有無について調査している。
nice!(0)  トラックバック(0) 

南米チリでM8.5の地震  津波は不明 [チリ地震]

発生時刻 2010年2月27日 15時34分ごろ
震源地 南米西部
緯度 南緯36.1度
経度 西経72.6度
深さ 60km
規模 マグニチュード 8.5
nice!(0)  トラックバック(0) 

南米でM8.5の大地震 [チリ地震]

NHKの地震速報より

震源はチリの模様
チリ地震.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

泡で液状化現象抑制 [防災雑感]

安くて画期的なアイディアです!
20100217225759.jpg

阪神大震災や新潟県中越沖地震で建物被害をもたらした液状化現象を、地中に空気の泡を含んだ水を注入することで抑える技術を国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市)が開発した。少額の費用で済み、一度注入すれば10年以上、効果が続くと予測できることから、実用化に向けた研究段階に入っている。
以下:http://www.asahi.com/national/update/0217/TKY201002170236.html
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。