So-net無料ブログ作成
検索選択

「その街のこども」がDVDに [阪神大震災・記録]

震災15年目にあたる2010年1月17日にNHKで放送された「その街のこども」
渡辺あや脚本で、実際に震災を体験た森山未來と佐藤江梨子がリアルに演技。第36回放送文化基金賞受賞しています。関西は震災特番がいろいろありましたが、本作品は秀逸でした。ラストシーンは当日の東遊園地での追悼式典を収録して夜に放送されています。お二人と午前5時46分を共有体験できたことは感慨深いです。


その街のこども 劇場版 [DVD]


<キネ旬DBから> 1995 年1月17日午前5時46分、「街」は一瞬で破壊され、ぼくたちは生き残った。 偶然出会ったふたりの想いが、夜の街にあふれ出す ――。 こどもの頃に震災を体験し、いまは東京で暮らす勇治(森山未來)と美夏(佐藤江梨子)。彼らは「追悼のつどい」が行われる前日に神戸で偶然知り合い、震災15年目の朝を迎えるまでの時間を共に過ごすことになる。震災が残した心の傷に向き合うため、今年こそ「追悼のつどい」に参加すると心に決めていた美夏に対し、出張の途中に“なんとなく”神戸に降り立っただけだと言い張る勇治。全く異なる震災体験をしたふたりの間には、大きな溝が広がっているように見えた。しかし、“ある場所”に差し掛かったとき、美夏は勇治が長年抱え込んできた過去を垣間見ることになる。復興を遂げた真夜中の神戸の街を背に、これまで語ることのできなかったふたりの想いが、不器用にあふれ出そうとしていた。

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。