So-net無料ブログ作成

IAEA調査団 報告書概要 [東日本大震災]

http://www.iaea.org/ 

 福島第一原子力発電所の事故を調査していた国際原子力機関(IAEA)の専門家チームが1日、報告書の概要を日本政府に提出した。津波が原発に及ぼす危険が過小評価されていたと指摘する一方、事故発生後の日本の対応を「模範的」と評価している。
 調査団はマイク・ウェイトマン英原子力施設検査局(NII)長官を団長に、世界12カ国からの専門家で構成。報告書は、同原発が最大5.7メートルの津波を想定して設計されていたのに対し、実際には推定14メートル以上の津波が押し寄せたと指摘した。これによって電源が失われて冷却不能となり、核燃料の損傷や一連の爆発が起きたとしている。
 ウェイトマン氏は声明で、団員らは津波による被害の実態に圧倒される一方で、現場作業員らの献身的な対応に深く感銘を受けていると述べた。調査団はまた、原発周辺住民の避難などで政府が示した対応を高く評価している。
 報告書の最終版は、ウィーンのIAEA本部で今月開かれる原子力安全関連の閣僚級会合で発表される。
http://www.cnn.co.jp/world/30002937.htmlより

IIAEA INTERNATIONAL FACT FINDING EXPERT MISSION OF THE NUCLEAR
ACCIDENT FOLLOWING THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE AND TSUNAMI
Tokyo, Fukushima Dai-ichi NPP, Fukushima Dai-ni NPP and Tokai NPP, Japan 24 May- 1 June 2011

Preliminary Summary
IAEA EXPERT MISSION TO JAPAN
PRELIMINARY SUMMARY 1 JUNE 2011

The Great East Japan Earthquake on 11 March 2011, a magnitude 9 earthquake, generated a series of large tsunami waves that struck the east coast of Japan, the highest being 38.9 meters at Aneyoshi, Miyako.
The earthquake and tsunami waves caused widespread devastation across a large part of Japan, with more than 14,000 lives lost. In addition to this, at least 10,000 people remain missing, with many more being displaced from their homes as towns and villages were destroyed or swept away. Many aspects of Japan’s infrastructure have been impaired by this devastation and loss.
As well as other industries, several nuclear power facilities were affected by the severe ground motions and large multiple tsunami waves: Tokai, Higashi Dori, Onagawa, and TEPCO`s Fukushima Dai-ichi and Dai-ni. The operational units at these facilities were successfully shutdown by the automatic systems installed as part of the design of the nuclear power plants to detect earthquakes. However, the large tsunami waves affected all these facilities to varying degrees, with the most serious consequences occurring at TEPCO`s Fukushima Dai-ichi.
Although all off-site power was lost when the earthquake occurred, the automatic systems at TEPCO`s Fukushima Dai-ichi successfully inserted all the control rods into its three operational reactors upon detection of the earthquake, and all available emergency diesel generator power systems were in operation, as designed. The first of a series of large tsunami waves reached the TEPCO`s Fukushima Dai-ichi site about 46 minutes after the earthquake.
These tsunami waves overwhelmed the defences of TEPCO`s Fukushima Dai-ichi facility, which were only designed to withstand tsunami waves of a maximum of 5.7 meters high. The larger waves that impacted this facility on that day were estimated to be larger than 14 meters high. The tsunami waves reached areas deep within the units causing the loss of all power sources except for one emergency diesel generator (6B), with no other significant power source available on or off the site, and little hope of outside assistance.
The station blackout at TEPCO`s Fukushima Dai-ichi and impact of the tsunami rendered the loss of all instrumentation and control systems at reactors 1-4, with emergency diesel 6B providing emergency power to be shared between Units 5 and 6. The tsunami and associated large debris caused widespread destruction of many buildings, doors, roads, tanks and other site infrastructure at TEPCO`s Fukushima Dai-ichi, including loss of heat sinks. The operators were faced with a catastrophic, unprecedented emergency scenario with no power, reactor control or instrumentation, and in addition to this, severely affected communications systems both within and external to the site. They had to work in darkness with almost no instrumentation and
control systems to secure the safety of six reactors, six associated fuel pools, a common fuel pool, and dry cask storage facilities.
With no means to control or cool the reactor units, the three reactor units at TEPCO’s Fukushima Dai-ichi that were operational up to the time of the earthquake quickly heated up due to usual reactor decay heating. Despite the brave and sometimes novel attempts of the operational staff to restore control and cool the reactors and spent fuel, severe damage of the fuel and a series of explosions occurred. These explosions caused further destruction at the site, making the scene faced by the operators even more demanding and dangerous. Moreover, radiological contamination spread into the environment. These events are provisionally determined to be of the highest rating on the International Nuclear Event Scale.
To date no health effects have been reported in any person as a result of radiation exposure from the nuclear accident.
By agreement with the Government of Japan, the International Atomic Energy Agency conducted a preliminary mission to find facts and identify initial lessons to be learned from the accident at TEPCO’s Fukushima Dai-ichi and promulgate this information across the world nuclear community. To this end, a team of experts undertook this fact finding mission from 24 May to 1 June 2011. The results of this mission will be reported to the IAEA Ministerial Conference on Nuclear Safety at IAEA headquarters in Vienna from 20-24 June 2011. This is a preliminary summary report to provide immediate feedback to the Government of Japan.
During the IAEA mission, the team of nuclear experts received excellent co-operation from all parties, receiving information from many relevant Japanese ministries, nuclear regulators and operators. The mission also visited three affected nuclear power facilities – Tokai, TEPCO’s Fukushima Dai-ni and Dai-ichi to gain an appreciation of the status of the plant and the scale of the damage. The facility visits allowed the experts to talk to the operator staff as well as to view the on-going restoration and remediation work.
The mission gathered evidence, undertook a preliminary assessment and has developed preliminary conclusions as well as lessons to be learned. These preliminary conclusions and lessons have been shared and discussed with Japanese experts and officials. They fall broadly under the three specialist areas of external hazards, severe accident management and emergency preparedness. They are of relevance to the Japanese nuclear community, the IAEA and for the worldwide nuclear community to learn lessons to improve nuclear safety.
The main preliminary findings and lessons learned are:
• The Japanese Government, nuclear regulators and operators have been extremely open in sharing information and answering the many questions of the mission to assist the world in learning lessons to improve nuclear safety.
• The response on the site by dedicated, determined and expert staff, under extremely arduous conditions has been exemplary and resulted in the best approach to securing safety given the exceptional circumstances. This has
been greatly assisted by highly professional back-up support, especially the arrangements at J-Village to secure the protection of workers going on sites.
• The Japanese Government’s longer term response to protect the public, including evacuation, has been impressive and extremely well organized. A suitable and timely follow-up programme on public and worker exposures and health monitoring would be beneficial.
• The planned road-map for recovery of the stricken reactors is important and acknowledged. It will need modification as new circumstances are uncovered and may be assisted by international co-operation. It should be seen as part of a wider plan that could result in remediation of the areas off site affected by radioactive releases to allow people evacuated to resume their normal lives. Thus demonstrating to the world what can be achieved in responding to such extreme nuclear events.
• The tsunami hazard for several sites was underestimated. Nuclear designers and operators should appropriately evaluate and provide protection against the risks of all natural hazards, and should periodically update these assessments and assessment methodologies in light of new information, experience and understanding.
• Defence in depth, physical separation, diversity and redundancy requirements should be applied for extreme external events, particularly those with common mode implications such as extreme floods.
• Nuclear regulatory systems should address extreme external events adequately, including their periodic review, and should ensure that regulatory independence and clarity of roles are preserved in all circumstances in line with IAEA Safety Standards.
• Severe long term combinations of external events should be adequately covered in design, operations, resourcing and emergency arrangements.
• The Japanese accident demonstrates the value of hardened on-site Emergency Response Centres with adequate provisions for communications, essential plant parameters, control and resources. They should be provided for all major nuclear facilities with severe accident potential. Additionally, simple effective robust equipment should be available to restore essential safety functions in a timely way for severe accident conditions.
• Hydrogen risks should be subject to detailed evaluation and necessary mitigation systems provided.
• Emergency arrangements, especially for the early phases, should be designed to be robust in responding to severe accidents.
The IAEA mission urges the international nuclear community to take advantage of the unique opportunity created by the Fukushima accident to seek to learn and improve worldwide nuclear safety.

Googleによる機械翻訳
原子力発電所のエキスパートミッションを見つけるIIAEA国際ファクト
事故は、大東亜日本地震と津波の後
東京、福島第一原子力発電所、福島第- niの原子力発電所、東海発電所、日本2011年5月24日〜6月1日

予備の概要
IAEAの専門家派遣は、日本に
予備的な概要1 JUNE 2011

2011年3月11日、マグニチュード9地震で大東日本の地震は、日本の東海岸を襲った大津波、一連のAneyoshi、宮古で最高さ38.9メートル生成されます。
地震と津波の波は、日本の大部分にわたって広範な破壊を引き起こした14,000以上の命が失われた。これに加えて、少なくとも1万人の町や村が破壊されたとして、または一掃多くの自宅から避難されると、行方不明のままです。日本のインフラストラクチャの多くの側面は、この荒廃と損失によって損なわれている。
同様に他の産業として、いくつかの原子力発電設備は、重度の地震動と大規模な複数の津波の影響を受けた:東海、東通り、女川、と東京電力`福島第一および第- niのだ。これらの施設での動作ユニットが正常に地震を検出するために原子力発電所の設計の一部としてインストールされて自動システムでシャットダウンした。しかし、大規模な津波は、東京電力で発生する最も深刻な影響と、程度の差こそあれすべてのこれらの設備に影響を与え`福島第一は、です。
すべてのオフサイトの電力は、地震が東京電力は、`福島第一だ時に自動的にシステムが正常に地震の検出時に、3つの操作原子炉へのすべての制御棒を挿入し、発生したときに失われたが、使用可能なすべての非常用ディーゼル発電機の電源システムでは、された動作として設計されています。大規模な津波のシリーズの最初は、東京電力は、`地震発生後46分ほどの福島第一サイトです達している。
これらの津波は、東京電力は、`は5.7メートルの高さの最大の津波に耐えられるように設計されていた福島第一施設を、sの防衛を圧倒した。その日に、この機能に影響を与えて大きな波が大きい​​が14メートルの高さと推定された。津波は、領域が利用できる、またはサイトからは他の重要な動力源と1非常用ディーゼル発電機(6B)は、外部支援の小さな希望を除くすべての電源の損失の原因となってユニットの奥深くに達している。
東京電力の駅の停電は`ユニット5および6間で共有される非常用電源を提供する緊急ディーゼル6Bのと福島第一と原子炉1から4までのすべての計測制御システムの損失をレンダリング津波の影響だ。津波と関連する大規模な土石流は多くの建物、ドア、道路、タンクと東京電力で他のサイトのインフラストラクチャの広範な破壊を引き起こした`福島第一は、ヒートシンクを含む損失だ。演算子は、何の力、原子炉の制御や計測に致命的な、前例のない緊急時のシナリオに直面していましたし、また、このために、深刻な影響を受けて通信システムの両方で、サイトへの外部。彼らはほとんどなく、計測および暗闇の中で仕事をしていた
制御システムは、6炉、六関連付けられている燃料プール、一般的な燃料プール、乾式キャスク貯蔵施設の安全を確保するため。
なしに制御したり、原子炉ユニット、冷却動作し地震の時に迅速に通常の原子炉崩壊熱のために加熱していた東京電力の福島第一の3つの原子炉の単位を意味すると。制御ファイルをリストアし、原子炉及び使用済燃料は、燃料の重篤な損傷や一連の爆発を冷却運用スタッフの、時には小説勇敢な試みにもかかわらず発生しました。これらの爆発は、演算子、さらに要求し、危険が直面しているシーンを作る、サイトのさらなる破壊を引き起こした。環境にまた、放射能汚染の広がり。これらのイベントは、暫定的に国際原子力事象評価尺度で最も高い評価であると決定されます。
これまでにない健康への影響は、原子力事故の放射線被曝の結果として何人も報告されている。
日本政府との合意では、国際原子力機関は、事実を見つけて、最初のレッスンは、東京電力の福島第一の事故から学んだことを識別し、世界の原子力共同体の向こう側にこの情報を公布する予備的な使命を行った。この目的のために、専門家のチームが2011年6月1日に5月24日からの使命を見つけ、この事実を引き受けた。このミッションの結果は、20から24、ウィーンのIAEA本部2011年6月、原子力の安全性に関するIAEAの閣僚会議に報告されます。これは日本政府に迅速なフィードバックを提供するために予備の要約レポートです。
IAEAの代表団の間に、核専門家チームは、多くの関連する日本の省庁、原子力規制当局と事業者から情報を受信すると、すべての当事者からの優秀な協力を受けた。植物の状態や損傷の規模の上昇を得るために東海、東京電力の福島第- niと第一生命 - ミッションはまた、3つの影響を受けた原子力施設を訪問した。施設は専門家だけでなく、演算子のスタッフと話をする上で進行中の復元および修復作業を表示するために、許可されて訪問。
使命は、証拠を集めて事前評価を実施した、学習する予備的な結論と同様のレッスンを開発しました。これらの予備的な結論と教訓を共有していると日本の専門家や関係者と議論した。彼らは、外部の危険、重大な事故管理、防災の3つの専門分野で広く分類されます。彼らは日本の原子力業界は、IAEAとの関連性が、世界原子力業界は、原子力の安全性を向上させるために教訓を学ぶためのものです。
主な予備的な発見と教訓です:
日本政府は。•、原子力規制当局および演算子は非常に情報を共有で開いて、原子力の安全性を向上させるためのレッスンを学ぶことに、世界を支援するためにミッションの多くの質問に答えている。
サイト上で応答を•専用、決定の専門スタッフが、非常に困難な条件の下で例示されており、例外的な状況指定された安全性を確保する最良のアプローチとなりました。これは、ある
されて大幅にサイトに行く労働者の保護を確保するためにJポップ村で、専門性の高いバックアップのサポート、特に手配を支援した。
、避難など国民を保護するために日本政府の長期的な応答を•そして印象的なされている非常によく組織した。公共労働暴露とヘルスモニタリングに適切なかつタイムリーなフォローアッププログラムは有益であろう。
被災原子炉の回復のための計画道路マップ。•重要であり、認めている。新しい状況が明らかにされ、国際協力によって支援され可能性がありますそれは修正が必要になります。これは、通常の生活を再開するには避難の人々を許可するように放射性のリリースの影響を受けるサイトから地域の改善につながる可能性がより広い計画の一部として見られる必要があります。したがってどのような極端な核イベントへの応答を達成することができる世界に実証された。
いくつかのサイトのための津波ハザード。•過小評価された。核デザイナーやオペレータが適切な評価をし、すべての自然災害の危険性に対する保護を提供し、定期的に新しい情報、経験と理解の光の中でこれらの評価と評価の方法論を更新する必要があります。
深さ、物理的に分離、多様性、冗長性の要件•防衛は、特に極端な外部イベント、極端な洪水などの一般的なモードの意味を持つものに適用する必要があります。
•原子力規制システムは、その定期的な見直しを含め、適切に極端な外部イベントに対処する必要があることを規制の独立性と役割の明確IAEAの安全基準に沿ってすべての状況で保存されていることを確認する必要があります。
外部イベントの•重度の長期的な組み合わせが適切に設計、操作、リソース管理、緊急時の取り決めで覆われている必要があります。
通信のための適切な規定は、重要なプラントパラメータ、制御、およびリソースと硬化オンサイト緊急対応センターの値が示して日本の事故•。彼らは重大な事故の可能性のあるすべての主要な核施設のために提供する必要があります。また、簡単な効果的な堅牢な機器が重大な事故条件のタイムリーな方法で重要な安全機能を復元するために利用できるようにする必要があります。
•水素のリスクが詳細に評価し、必要に応じ軽減システムの対象とすべき提供。
初期段階で特に•緊急手配は、重大な事故への対応に強健になるように設計する必要があります。
IAEAの使命は、学習し、世界的な原子力安全を向上させる求めて福島の事故によって作成されたユニークな機会を活用するために国際的な核コミュニティを求めている。
nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。