So-net無料ブログ作成

英雄伝説 タイム誌「世界の100人」選出に菅野医師 [東日本大震災]

「私も救われた」菅野医師 

20110513065540.jpg

英雄視に否定的なご本人の気持ちはよくわかります。一旦前線から戻られたのなら、しばらくヒーローを演じていただけないでしょうか。今は誰かが「英雄伝説」を演じなければならない時期だと思います。中長期的に関心継続は重要課題であります。

http://www.youtube.com/watch?v=q15LciSxi1E&feature=player_detailpage菅野医師「私も救われた」 
タイム誌「世界の100人」選出

米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に
選ばれた内科医菅野武さん(31)は4月22日、
所属する東北大大学院医学系研究科で記者会見し、
「被災者は今も苦しい生活を送っている。
被害は終わっていないことを広く伝えたい」
と話した。

菅野さんは、勤務していた公立志津川病院
(宮城県南三陸町)から患者全員が
救出されるまでの3日間について
「電気も点滴もない中で、患者さんや
避難してきた人とつらい夜を過ごした。

みんなで声を掛け合い、自分自身も
多くの人に救われた」と振り返った。

菅野さんの志津川病院での
任期は3月末までだったが、
被災した患者を診察するため、
今月中旬まで勤務を延長した。

仙台市の実家に戻ってからは、地震5日後の
3月16日に生まれ、ほとんど会えなかった
長男を世話しながら、罹災(りさい)証明の申請や、
津波で流された車の手続きなどに
追われているという。

震災前から東北大大学院医学系研究科への
進学が決まっており、5月からは
専門の消化器内科の研究に取り組む。

菅野さんは「専門性を身に付けた上で、
さらに地域医療に貢献したい」と抱負を語った。


掲載号をめくりながら動画撮影しました。
http://www.youtube.com/watch?v=q15LciSxi1E&feature=player_detailpage
縦横間違えているのでご容赦ください。
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 2

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。